埼玉相互住宅の口コミ・評判まとめ

埼玉相互住宅は、埼玉県越谷市に本店を置く不動産会社になります。県内には3つの支店があり、中規模でありながら地元に密着しているのが特徴と言えるでしょう。不動産は主に越谷市やその周辺の物件が中心になります。
では、不動産を売却する場合にはどのようなメリットがあるでしょうか。そのメリットについて説明をしていきます。

レインズに登録するメリット

レインズに登録するメリット

埼玉相互住宅は、レインズに登録しています。不動産売却をする場合には、媒介契約を結びますが、この媒介契約のうち一般媒介契約以外はレインズに登録することになっています。レインズというとあまりなじみがないかもしれませんが、それもその筈、このレインズは不動産会社しか閲覧できないからです。レインズに登録しても不動産会社しか閲覧ができないため意味がないように思われますが、実際にはそのようなことはありません。不動産会社が閲覧した情報は公開されますので、最終的には不動産会社を経由して一般の顧客に情報が回ってきます。
この点までは普通の不動産会社で行われていると思われていますが、実際には情報公開しない不動産会社も多くあります。情報を公開せずに売り物件を自分の会社だけで売却した場合は、売り主と買い主の両方から仲介手数料をとれるため得なのです。ですがこのやり方は正しいやり方ではありません。売り主のために公開をすることは重要なのです。

マイホームを調査するメリット

マイホームを調査するメリット

埼玉相互住宅は、売り物件を売却前に調査します。売却前に競争する理由は、その物件の価値自体を判断することもありますが、調査した結果を買主側に報告することでより信ぴょう性が高い情報と認識されるのです。それによって買い主側が購入する可能性も高くなります。
不動産の売買の場合は、慎重に行動するのが普通です。不動産の購入する側からしても、どのような不動産かを明確にしてほしいと願っているのではないでしょうか。情報がほとんどないような不動産は購入しません。そこで埼玉相互住宅では物件をより短期間に高値で売却するために、法務省で登記簿謄本を入手したり、電気やガス・水道などのインフラが整っているかどうかの判断をしたり、境界線がどこで定まってるかを調べます。これらの情報が事前に分かっているかどうかで買い主側に安心感を与えることができるでしょう。冷やかしがなく本気で不動産物件を探している人にとっては、とてもありがたい情報なのです。

報告書を提出するメリットとは

報告書を提出するメリットとは

埼玉相互住宅では、媒介契約を結んだ場合には、売り主に対して報告書を提出しています。媒介契約のうち一般媒介契約は報告する義務がありませんが、専属専任媒介契約を結んだ場合、そして専任媒介契約を結んだ場合もまた売り主に対して報告する義務が発生します。売り主としては専属や専任で特定の不動産会社に売却を任せた以上は、その不動産会社が売却するための行動に出てくれないと専属や専任契約にした意味がありません。そこで、専属選任媒介契約の場合は1週間に一度、専任媒介契約の場合は2週間に一度報告することになります。しかも報告する内容は、どれだけ問い合わせがあったのかといった不動産会社でしか知りえないような内容です。このような内容を知ることができるということは、結果次第で広告の種類を増やしたり価格を下げたりするなどの具体的な対応策を練ることができます。その結果、売り主にとって有利な売却につながります。

埼玉相互住宅のまとめ

埼玉相互住宅のまとめ

埼玉相互住宅は、埼玉県越谷市を中心に不動産物件を扱っています。不動産物件を売却する場合、つまり媒介契約を結ぶ場合には、報告義務を実施しているとともに、購入希望者に対して、より詳しい情報を提供しています。また、レインズに登録することで、埼玉県に限らず日本全国の人に不動産物件を見てもらうことになるのです。